更新情報・お知らせ

2021(R3).2.7. 現在の出生前診療外来での遺伝カウンセリングは予約申し込みから受診まで4週間程度かかりますのでご了承ください。

 

2021(R3).2.7. 当院では日本医学会の認定を受けて、NIPTを実施しています。羊水検査等の確定検査まで対応しています。

 

2018(H30).3.10. 出生前検査を受けて、胎児が染色体異常と診断された妊婦さんにお読みいただく解説文書を作成しました。初回となる今回は、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、ダウン症候群を掲載しています。  

 

2016(H28).10.10. 外来受診の当日に検査を受けることができるかどうか受診方法と費用のページをご覧ください。

 

2016(H28).1.1. 新型出生前診断(NIPT)の適応を双胎妊娠に拡大しました。

 

2013(H25).5.14. 兵庫医科大学病院は平成25年4月30日(火)付けで、新型出生前診断に関する臨床研究施設として日本医学会から認可を受けました。

 

2013(H25).5.14. ホームページによる情報提供を開始しました。



どのような妊婦さんがどのような検査方法を選ぶのか

 出生前診断に関心はあるけれど、どういう方法が自分に合っているのかわからず不安という妊婦さんが多くおられます。そういった方にひとつの考え方をお示ししました。

 

羊水検査

絨毛検査

母体血清マーカー検査

超音波検査

新型出生前診断(NIPT

 

 下の図を参考に受ける検査を選びましょう。最初から侵襲的検査の羊水検査を受けるか、非侵襲的検査の無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)や母体血清マーカー検査(クアトロテスト)を受けて、陽性になった場合に限って羊水検査を受けるか、大きく分けてそのいずれかになります。

 

 なお、絨毛検査は妊娠13週頃の実施になり、無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)を妊娠早期に受けて陽性になった場合やエコーで明らかな胎児異常がある場合、特別な遺伝病の診断のための場合に実施します。高年初産など胎児の異常リスクが著明に高いとは言えない場合には、絨毛検査の実施はお勧めしません。