更新情報・お知らせ

2018(H30).3.10. 出生前検査を受けて、胎児が染色体異常と診断された妊婦さんにお読みいただく解説文書を作成しました。初回となる今回は、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、ダウン症候群を掲載しています。 

New 

 

2017(H29).8.28. 日本産科婦人科学会から「「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査(NIPT)」を受けることを考えている妊婦さんへ」 という無認可施設での検査の実施に懸念を示す文章が交付されました。大切な赤ちゃんの検査は体制の整った認定施設で受けることを強くお勧めします。 

 

2016(H28).10.10. NIPTを無認可(日本医学会の認定なし)で、遺伝カウンセリングを行わず、採血だけを実施し、その血液は海外に送付して安価に検査するという指針違反の施設・企業があることが報告されています。たとえ検査料のみで2~4万円程度安価でも、必要な遺伝カウンセリングは他施設にて別料金で受けることになる上、NIPT陽性の場合の羊水検査は別料金のため、他施設で羊水検査を受けると、追加料金が必要で結局は5~15万円程度も高額になります。くれぐれも注意してください。

認定施設と無認可施設の比較

2016(H28).12.28. 現在の出生前診療外来での遺伝カウンセリングは予約申し込みから受診まで3週間程度かかりますのでご了承ください。

 

2016(H28).10.10. 外来受診の当日に検査を受けることができるかどうか受診方法と費用のページをご覧ください。

 

2016(H28).1.1. 新型出生前診断(NIPT)の適応を双胎妊娠に拡大しました。

 

2013(H25).5.14. 兵庫医科大学病院は平成25年4月30日(火)付けで、新型出生前診断に関する臨床研究施設として日本医学会から認可を受けました。

 

2013(H25).5.14. ホームページによる情報提供を開始しました。



費用

費用等についてはリンク(このページ左側)も参照ください。⇒費用

受診の流れ

1)出生前診断を受けられる場合には、まず外来で遺伝カウンセリングを受けていただきます。特段の事情のない場合はご夫婦でお越しください。

2)遺伝カウンセリングによって、ご自身が適切と思われる方法を選んでいただき、検査の予約を行います。

  なお、遺伝カウンセリングを受けて、出生前診断の検査を希望されない場合は、これで終了となります。

4)予約の日に出生前診断の検査を受けていただきます。

5)後日、結果について遺伝カウンセリングを行い、追加の検査が必要でない場合はこれで終了となります。また、追加の検査が必要な場合は、ここで予約を行います。

6)予約の日に追加の出生前診断の検査を受けていただきます。

7)後日、最終的な診断結果について遺伝カウンセリングを行い、終了となります。

 

 ※出生前診断に関わる遺伝カウンセリング及び検査はすべて自費となり、健康保険は適応されませんのでご承知ください。

外来受診日の当日に受けることができる検査について

外来で遺伝カウンセリングを受けていただきますが、原則として検査は後日の予約になります。ただし、外来受診の日が次の条件に該当する場合に限り、検査を当日に受けることができます。

1)新型出生前診断(NIPT)

・妊娠週数が10週以降であること。

・ご夫婦で来院されていること

・遺伝カウンセリングが16時30分までに終了すること。

2)母体血清マーカー検査(クアトロテスト)

・妊娠週数が15週(または16週)であること。

・遺伝カウンセリングが15時30分までに終了すること。

3)羊水検査・絨毛検査

(当日検査はできません。)

具体的な受診の手順と持参いただくもの

●診療予約:

 ・かかりつけの先生から診療予約をしてもらってください。妊婦さん本人からは予約できません。

 ・受診は必ず分娩予定日が確定してからお願いします。分娩予定日が確定していないと、妊娠週数がわからず、受診されても検査の実施も予約もできません。

 ・妊娠10週~15週の間に受診できるのが望ましいです。新型出生前診断を希望される場合には妊娠10~14週(遅くとも15週まで)の間で受診ください。

 ・妊娠16週以降で受診の場合には受けることのできる検査が限定される可能性があります。

 ・このページの下方で兵庫医科大学病院宛紹介状をダウンロードして印刷し、主治医の先生にお渡しし、予約をしてもらってください。

 

●持参していただくもの 

 必須のもの:

 ・兵庫医科大学病院の紹介受付票(予約日時が書かれているもの)

 ・かかりつけの医療機関からの紹介状(紹介状は必ず必要ですが、別途郵送やファックスで確実に送付されている場合は持参されなくても結構です。)

 ・羊水検査をご希望の場合ですでに妊娠初期血液検査を済ませている方は、血液型[ABO型とRh型とも必須]と感染症[梅毒・B型肝炎・C型肝炎は必須]の結果を示す血液検査のコピーをお願いします。紹介状に同封していただいても、別途提出していただいても結構です。

 ・健康保険証 (出生前診断に関する外来の遺伝カウンセリングや検査は自費検査で、健康保険の適応はありません。)

 ・兵庫医科大学病院の診察券(お持ちの方のみ) 

 

 可能であれば:

 ・資料A、資料B(このページの下方「必要書類」からダウンロードし、印刷してください。)

 

●受診の日:

 ・予約時間に1階総合案内にお越し下さい。

 ・必要な書類を受け取り、3階の産科婦人科外来受け付けにお越し下さい。

 ・予約時間に診療を開始できるように予約を受け付けていますが、個々の方の状況により、時間が長くかかることもあるため、多少お待ちいただくこともありますので、ご了承ください。

必要書類のダウンロード

下記の「資料A」「資料B」「予診カード」をダウンロードして印刷してください。 

新型出生前診断を希望される場合は、下記の「新型出生前診断を希望される方」のファイルもダウンロードして印刷してください。

資料A
受診までにお読みください。
資料A 出生前診療外来を受診される皆さんへ ver.2.8.pdf
PDFファイル 401.7 KB
資料B
受診までにお読みください。
資料B すべての妊婦さんへ ~出生前診断についてのご案内~ ver.2.6.p
PDFファイル 781.2 KB

妊婦さんへのご案内と紹介状

かかりつけの医師に紹介状の記載をお願いするためのものです。すでにかかりつけの医師から「紹介状」と「妊婦さんへのご案内」をもらわれている場合は同じものですので、ダウンロードは不要です。

妊婦さんへのご案内と紹介状
受診の要領とかかりつけの先生に記載していただく紹介状を記載してあります。かかりつけの医療機関の主治医の先生に記載していただき、その医療機関から兵庫医科大学病院の地域医療・総合相談センター宛てに予約をしてもらってください。妊婦さん本人からは予約できません。
妊婦さんへのご案内と紹介状v2.5.pdf
PDFファイル 313.1 KB

必要書類のダウンロード 新型出生前診断を希望される方

新型出生前診断を希望される場合は、下記の「新型出生前診断の検査説明書」と「自己チェックリスト」もダウンロードして印刷してください。この2つのファイルは「新型出生前診断とは」のページからダウンロードされたものと同じです。

新型出生前診断の検査説明書
新型出生前診断の概要を説明しています。ダウンロードしていただき、お読みください。
NIPT説明資料ver.2.5.pdf
PDFファイル 361.4 KB
自己チェックリスト
このチェックリストでご自身がこの検査の対象になっているかどうかをまずご確認ください。
v3.2.pdf
PDFファイル 234.7 KB