更新情報・お知らせ

2022(R4).9.28 参考・解説のページに出生前診断で13トリソミー、ダウン症(21トリソミー)、ターナー症候群、クラインフェルター症候群と診断された方への情報提供を目的に参考資料をアップしました。また、着床前遺伝学的検査についてPGT-M(単一遺伝子疾患)とPGT-SR(染色体構造異常)の参考資料もアップしました。

 

2022(R4).8.1. 当院は日本医学会の出生前検査認証制度で基幹施設として認証されました。

 

2021(R3).2.7. 現在の出生前診療外来での遺伝カウンセリングは予約申し込みから受診まで4週間程度かかりますのでご了承ください。

 

2021(R3).2.7. 当院では日本医学会の認定を受けて、NIPTを実施しています。羊水検査等の確定検査まで対応しています。

 

2018(H30).3.10. 出生前検査を受けて、胎児が染色体異常と診断された妊婦さんにお読みいただく解説文書を作成しました。初回となる今回は、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、ダウン症候群を掲載しています。  

 

2016(H28).10.10. 外来受診の当日に検査を受けることができるかどうか受診方法と費用のページをご覧ください。

 

2016(H28).1.1. 新型出生前診断(NIPT)の適応を双胎妊娠に拡大しました。

 

2013(H25).5.14. 兵庫医科大学病院は平成25年4月30日(火)付けで、新型出生前診断に関する臨床研究施設として日本医学会から認可を受けました。

 

2013(H25).5.14. ホームページによる情報提供を開始しました。



出生前診断や生殖医療を受けられる一般の方向け解説資料

出生前診断や生殖医療を受けられる一般の方向けにわかりやすく記載した解説資料です。一般の方や医療機関の方はご自由に印刷して配布できますが、著作権は放棄しておりません。また内容については作成時点の情報を元に作成されていますので、ご利用時点では必ずしも最新の情報や正しい情報でない場合もあります。それについての保証はされていません。また、症状は一般的なもので、個人により症状が異なりますので、これらの病気のすべての方に該当するわけではありません。

羊水検査や絨毛検査で胎児が染色体異常と診断された妊婦さんへの解説文書

 こちらは、羊水検査や絨毛検査を受けて胎児に染色体異常あると診断された妊婦さんへの解説文書です。これらの遺伝学的検査の結果の解釈やその病気を理解することはとても難しいです。できる限りわかりやすい記載をして、理解をしていただけるように作成しました。

 本解説文書についてお気づきの点がありましたら、問い合わせのページからご連絡ください。

 まず、出生前遺伝学的検査を受けられた全員の妊婦さんへ~出生前診断の結果をご理解いただくために をお読みいただいて、その後に各疾患の参考文書をお読みください。

全員の妊婦さんへ~出生前診断の結果をご理解いただくために
出生前遺伝学的検査の結果を理解していただくための共通した文書です。各疾患の文書を見られる前にご理解いただきたい内容を記載していますので、最初にご覧下さい。
1.共通部分.pdf
PDFファイル 292.9 KB
ターナー症候群
胎児がターナー症候群と診断された方にお読みいただく文書です。
3.ターナー症候群.pdf
PDFファイル 656.9 KB
クラインフェルター症候群
胎児がクラインフェルター症候群と診断された方にお読みいただく文書です。
4.クラインフェルター症候群.pdf
PDFファイル 555.3 KB
ダウン症候群
胎児がダウン症候群(21トリソミー)と診断された方にお読みいただく文書です。
2.ダウン症候群.pdf
PDFファイル 753.1 KB
13トリソミー
胎児が13トリソミーと診断された方にお読みいただく文書です。
13トリソミー.pdf
PDFファイル 504.3 KB

着床前遺伝学的検査(PGT)を考えておられる不妊症患者さん向け解説文書

着床前診断のはなし PGT-M,PGT-SR編v3.0
この冊子は、重い遺伝性の病気が子どもに伝わる可能性のある方や染色体の形の変化をお持ちで流産をくり返されている方で、着床前遺伝学的検査以外に適切な治療法がない状況の方を対象に臨床遺伝医学を専門とする立場から遺伝カウンセリングを行うためのわかりやすい資料として書かれています。
着床前診断のはなしPGT-M, PGT-SR編v3.0.pdf
PDFファイル 4.0 MB